ぐりぶークーポンについて

LINEクーポン名称ぐりぶークーポン
目的新型コロナウイルス感染症の影響により消費低迷が長期化する中、日常生活で当然に消費するような飲食料品・日用品以外の物・サービスの購入に利用できる割引クーポンを発行し、県内消費の活性化を図ることを目的としています。
割引金額1クーポンあたり2,000円(税込)以上の飲食で500円割引
※配信期間中、クーポン発信の度に何回でもご利用頂けます。
配信対象者住所が鹿児島県にある方
配信期間第1回目の配信は令和3年6月7日(月)※予定
第2回目以降は毎週月曜日随時配信予定 ただし無くなり次第終了
※コロナウイルスの影響により、配信が不定期になる可能性があります。
クーポン有効期間クーポンに記載(配信日から最大7日間)
利用店舗飲食店(宿泊施設の飲食部門を含む)・茶小売業・花小売業
利用対象飲食サービス、茶、花き(関係する他の物・サービスを含む)

ぐりぶークーポンの
ご利用方法

1クーポンあたり
2,000円(税込)以上の飲食で500円割引

例えば・・・

  • 2,200円(税込)の飲食
     →1クーポンで1,700円(2クーポン不可)
  • 3,100円(税込)の飲食
     →1クーポンで2,600円(2クーポン不可)
  • 4,300円(税込)の飲食
     →1クーポンで3,800円(2クーポンで3,300円)

利用店舗の要件

利用店舗の要件は、提供する物・サービスに応じて,次の全てを満たしていることです。

  • 登録する店舗が鹿児島県内にあること
  • 新型コロナウイルス感染防止対策実施宣言ステッカーを取得・掲示していること
  • レジスターを導入し,クーポン利用カードの証拠書類としてレシートを添付できる店舗であること

【飲食サービス】

①店内飲食を主とするもの(持ち帰り・配達飲食サービス専門店は対象外)
②食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けていること

対象とする業態

  1. 食堂・レストラン
  2. 日本料理店
  3. 料亭
  4. 中華料理店
  5. ラーメン店
  6. 焼肉店
  7. その他の専門料理店
  8. そば・うどん店
  9. すし店
  10. 酒場・ビヤホール
  11. バー
  12. スナック・キャバレー・ナイトクラブ
  13. 喫茶店
  14. ハンバーガー店
  15. お好み焼き店・焼きそば店・たこ焼き店
  16. 他に分類されない飲食店

対象としない業態

1 .持ち帰り・飲食サービス業

飲食することを主たる目的とした設備を有さず,客の注文に応じその場所で調理した飲食料品を持ち帰る状態で提供する事業所であり,持ち帰りすし店,持ち帰り弁当屋,クレープ屋,移動販売(調理を行うもの)などである。 なお,車両等を使い,不特定な場所において客の注文に応じ調理した飲食料品を持ち帰る状態で提供する事業所もここに含める。

2 .配達飲食サービス業

その事業所内で調理した飲食料品を,客の求める場所に届ける事業所及び,客の求める場所において調理した飲食料品を提供する事業所であり,宅配ピザ屋,仕出し料理・弁当屋,デリバリー専門店,ケータリングサービス店などである。

3 .スペース利用や演奏等が主たるサービスとなる業態の営業を行う物

<カラオケボックス>
日本標準産業分類では,80娯楽業>8095カラオケボックスに分類されており,スペース利用が主たるサービスであることから「対象外」とする。
<ネットカフェ,漫画喫茶>
インターネット,漫画の利用が主たるサービスであることから「対象外」とする。
<ライブハウス>
娯楽(演奏等)を提供することが主たるサービスであることから「対象外」とする。

【花き】

主として花を小売する事業所

対象とする業態

  1. 花屋
  2. 切花小売業
  3. フローリスト
    お花屋さんや、ブーケ・アレンジメントを作成するフラワーデザイナー、お花の栽培をする人等

※ 切り花、鉢植え(観葉植物含む)

対象としない業態

  1. 植木小売業
  2. 盆栽小売業
  3. 造花小売業(ドライフラワー、造花)
  4. 苗木小売業(種・球根、苗・苗木、鉢、土、堆肥、支柱)

【茶】

主として茶を小売する事業所

対象とする業態

茶類に分類される葉、粉、豆などのもので、一般的に茶と呼称される全ての小売業は対象

対象としない業態

  1. コーヒー小売業
  2. ココア小売業
  3. 清涼飲料小売業

※ 茶を加工した菓子、急須、湯飲み茶碗、冷茶用ボトル、ペットボトル、缶